【企画参加】俺の平成テレビドラマベスト3

ことライフ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
“こと”

いつでもどこでも楽しみながらできる仕事を考え中の30代主婦。遅れてきた“可愛くなりたいお年頃”。夫が大好き。ときどき学生、ときどき先生もしています。
いつか猫と暮らしたい猫アレルギー持ち。

“こと”をフォローする

私がいつもブログを読ませていただいている ていない(@tei_nai )さんが、またしても面白い企画をしています!

その名も「俺の平成テレビドラマベスト3」(https://www.teinai.work/entry/heiseidorama3

最後に参加方法も載せていますので、これから参加したいって方もぜひぜひご参加を!みんなで平成を振り返りましょう♪

スポンサーリンク

はじめに:この企画に参加した理由

突然ですが、平成=私の年齢です。つまり、平成のドラマは私がこれまでの人生で観てきた全てのドラマと言っても過言ではありません。さらに私はそれなりにテレビっ子でした。結婚前は家族揃ってテレビの前に座り、妹たちと洗濯物を畳みながらドラマ鑑賞というのが毎日の日課でした。

そんなわけでこの企画を見たとき、「ひゃ〜、選べない!!」と思いながらも、私のドラマ鑑賞人生を振り返るきっかけができてとってもワクワクしました。これはもう参加するしかない!

それではさっそく!こと的「俺の平成テレビドラマベスト3」

「選べないよ〜」と頭を抱えながら、再放送があったら絶対に見たい!続編があったら絶対に見たい!いやいや、考えてたら今すぐ見たくなったぞ?!と強く思った3作品を選びました。

第3位:コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-シリーズ(平成20年〜)

スペシャルや劇場版も含めると、2008年(連続ドラマ)、2009年(スペシャル)、2010年(2nd season)、2017年(3rd season)、2018年(特別ドラマ/劇場版)、というように10年に渡って放送されてきた医療ドラマです。

コード・ブルー - フジテレビ
コード・ブルー - オフィシャルサイト。2017年7月スタート。 毎週月曜よる9時放送。 出演:山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介

毎回手に汗握る展開で、涙なしでは見られないストーリー満載でした。現実とは全然違うんでしょうけど、「万が一こういうことが起こってしまったら・・・」なんて考えながら、いつもハラハラしていました。

キャストもめちゃくちゃいいです!新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未の3人はみんな華がありますし、浅利陽介の陽気なキャラもドンピシャな感じ。あとは個人的に山Pが出ているドラマって好きなのが多くて、「野ブタ。をプロデュース(2005年)」、「プロポーズ大作戦(2007年)」、「ボク、運命の人です(2017年)」あたりの軽快な演技のも気楽に見られていいなと。

第2位:リーガル・ハイ(平成24年)

2012年から放送された法廷コメディドラマ。こちらも2013年にスペシャルドラマと第2期ドラマ、2014年にスペシャルドラマが続いています。

見どころは何と言っても堺雅人が演じる古美門研介と新垣結衣が演じる黛真知子の掛け合いでしょう。法廷ドラマとは思えないほどの痛快なコメディで、気づいた頃には虜になっていること間違いなし!

古美門と黛の育ってきた環境というか、どうしてこんな人間になったのか・・・を匂わせるようなシーンがあるのもなかなかGOODだと思います。

同じようなノリが好きな方には、「コンフィデンスマンJP(2018年)」もハマるかも。どちらも古沢良太脚本の作品です。

第1位:最高の離婚(平成25年)

2013年の連続ドラマののち、2014年に連ドラの1年後を描いたスペシャルドラマが放送されました。瑛太、尾野真千子、綾野剛、真木よう子の演じるキャラクターそれぞれの結婚観、家族観、人生観が、数々の名言とともに溢れ出るラブコメディです。んー、ラブコメとして紹介されていることが多いですが、ヒューマンドラマかな、と。

最高の離婚 - フジテレビ
最高の離婚 - 番組情報。何が「結婚」で何が「夫婦」なのか?迷える二組の男女が、結婚と離婚の狭間で成長していく等身大のラブ&ホームコメディ!

リアリティ漂う展開に加え、人間の人間らしさを凝縮したような名言に次ぐ名言。もうね、心臓をぎゅっと握られて悶えるしかないストーリーです。キュンキュンもあるけど、それよりももっと愛おしくて苦しいというか、もう、どうしたらいいんだか・・・。

あらすじまとめや名言まとめのサイトも数多くあるので、気になる人はそちらも要チェックです。まとめた人がどんな風に感じたかも読むことができて面白いですよ!

選びきれなかった番外編たち

放送当時、次の回が楽しみで楽しみで待ちきれないような作品って、実はまだまだありました。1989年から始まった平成ですが、私がストーリーまでしっかり覚えているのは1995年あたりから。「好きだったなぁ」という幼少期のイメージを手繰り寄せながら、タイトルだけ一挙大公開します。

1995金八先生シリーズ、星の金貨
2002人にやさしく、サトラレ、アルジャーノンに花束を
2003GOOD LUCK!!、きみはペット
2005海猿、花より男子、野ブタ。をプロデュース
2006白夜行、舞踏曲-ロンド-、のだめカンタービレ
2007プロポーズ大作戦
2008薔薇のない花屋、ラスト・フレンド
2009ラブシャッフル、JIN-仁-
2010素直になれなくて
2012ATARU、リッチマンプアウーマン
2014ディアシスター
2015コウノドリ
2016わたしを離さないで、逃げる恥だが役に立つ
2017東京タラレバ娘、ボク、運命の人です
2018アンナチュラル、僕らは奇跡でできている、獣になれない私たち

たくさんあるけど、これでも頑張って減らしました・・・。

お待ちかね!企画への参加方法

それでは最後に、この企画への参加方法を簡単にお伝えします。正式な案内はていないさんのブログをご覧くださいね。

ブログで参加する方法

①「俺の平成テレビドラマベスト3」というタイトルでブログを書く

②記事の中に「俺の平成テレビドラマベスト3」と書いてリンク(https://www.teinai.work/entry/heiseidorama3)を貼る

③ハッシュタグ「#俺の平成テレビドラマベスト3」で記事のURLをツイートする

Twitterで参加する方法

①ハッシュタグ「#俺の平成テレビドラマベスト3」をつけてベスト3をツイートする

②書ききれない場合は自分のツイートに続けてリプ

応募締め切りは2019年4月21日。みなさんのベスト3、私も楽しみにしています!

コメント