夫婦のお財布どうしてる?我が家の現状と贈与税について

ことライフ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
“こと”

いつでもどこでも楽しみながらできる仕事を考え中の30代主婦。遅れてきた“可愛くなりたいお年頃”。夫が大好き。ときどき学生、ときどき先生もしています。
いつか猫と暮らしたい猫アレルギー持ち。

“こと”をフォローする

夫婦によって家計管理の方法は様々。みなさんのご家庭ではどのように管理していますか?夫婦のあり方によって適した方法は違うと思いますし、夫婦の歴史によって変化するかもしれませんね。

我が家でもある出来事をきっかけに、生活費のやり取りを見直しました。新たな発見もあったので、これまでの方法や今後の方針と合わせてご紹介します!

スポンサーリンク

これまでの方法

まずは我が家の現状から。

“こと”家のお財布事情

夫:会社員・30代・手取り月30万ぐらい

私:非常勤講師/パート・30代・月平均12万ぐらい(0〜20万まで変動が大きい)

私がフルタイム勤務ではなく収入が安定しないので、主に夫の収入で生活しています。私の収入は貯蓄、投資、急な高額出費用です。(奨学金だけ自分で返済しています)

毎月のお金の流れ

給与支給日を過ぎたあたりに、夫から給与明細と生活費(10万〜15万ぐらい・家賃込)を現金で受け取ります。受け取ったら私の口座(お金を動かしやすいネット銀行を利用しています)に入れ、家賃・水道光熱費・食費や日用品のお買い物に使います。

日々使った分はその都度マネーフォワードに入力し、夫婦で共有します。また、私の銀行残高を毎月夫に報告しています。

保険料、通信費、交通費、その他夫のカードを使ったほうがお得なものなどは、夫のカード&夫の口座から引き落としです。

見直したきっかけ

結婚してもうすぐ丸3年。この方法で特に不便はなかったのですが、先日まとまった額を夫の口座に送金する機会がありました。医療費で総額80万円ぐらいを私の口座から夫の口座に移し替えたわけですが、終わってから夫が一言、「これって贈与税とか大丈夫なんかな?」

・・・!?

贈与税について調べてみた

なるほどね。確かに夫婦であっても贈与税がかかる場合ってあるみたいだよね。今回は金額も小さいし大丈夫だと思うけど・・・。

というわけで、夫婦間で贈与税がかかる場合について調べてみました。

※ここでご紹介するのは我が家の事例に合わせたどんぶり勘定的な考え方です。もっと詳しく知りたい方、ご自身の状況に合わせてしっかり理解したい方は、税理士や然るべき機関にご相談ください。

贈与税がかからない場合

贈与税がかからない場合のポイントは以下の通りです。

・通常の生活に必要なもの(生活費、教育費など)

家具の購入や車の購入、結婚式の費用など、二人の生活にとって必要なものであれば贈与税はかからないようです。

・110万円以下の贈与

贈与税の基礎控除は110万円です。ですので、年間の贈与額が110万円以下の場合は贈与税がかからないということでした。

・不動産贈与の特例

不動産の所有権譲渡にも贈与税がかかります。しかし、婚姻関係が20年以上の場合、特例で2,000万円まで非課税になるそうです。知らなかった〜。

もらった人の認識

「あげた」「もらった」の意思表示がない場合は贈与に当たらないそうです。この意思表示は口頭でも成立するとのこと。

ただこの部分、おそらく詳しい方に聞いても判断が揺れるんじゃないかと。「言った」「言わない」の平行線と同じことが起きそうですよね。なので額が大きいやりとりをするときには、書面で残すなど対策をした方が無難だと感じました。

贈与税がかかる場合

贈与税がかからない場合の逆を言えばかかる場合になるわけですが、一応。

・110万円を超える金品の贈与

生活に必要な範囲を超えた贈与(例えば生活費として毎月100万とか)をすると、課税対象になってしまうかもしれません。110万円以上の価値があるプレゼント(指輪とか)の場合も、贈与と見なされるようです。また、生活費としてもらっていた分の残りをへそくりとしてコツコツ貯めていると・・・金額によっては贈与税がかかってしまうのでご注意を!

今回夫の口座に移したのは生活に必要なお金。金額的にもセーフです。月々受け取っている生活費も含めて「あげた」「もらった」という感覚ではありません。なので相続税はかからないはず!

ただ調べれば調べるほど様々なケースがあるようで、夫婦の関係や税理士さん(税務署)の判断も必ずしも同じではなく、まさにケースバイケース。

知らずに110万円以上のやりとりをしてしまっていても、「知らなかった」で許してもらえるわけじゃなさそうですので、「夫婦であっても贈与税がかかることがある」と頭の片隅には置いておきましょう。

今後の方針

稼いだ側(夫)から配偶者(私)への金銭の移動があると、贈与の疑いがかけられる可能性があります。今回は贈与税には引っかからないものの、今後まとまった額を移動させるときには注意が必要だということが分かりました。

うーん、どうしよう?と、夫婦会議をした結果、ひとまずは次のような方法を取ることにしました。

・夫の収入は夫の口座に固定(生活費を私の口座に移動させることはしない)

・夫の口座に妻(私)もアクセスできるようにする(残高確認、家賃支払いなど)

・日常の買い物は家族カードを利用し、引き落とし口座を夫の口座にする

・その口座にはアクセスしやすいネット銀行を利用する

・妻(私)の口座は引き続き貯蓄や投資、臨時出費用にする

こうすればお金の移動もなく、平日に私が行っていた日常業務(食材、日用品の買い出し、家賃、公共料金の支払いなど)も引き続き私が行えます。

家計管理は夫か妻どちらかに一任、それぞれで管理、などあると思いますが、私たちは二人で二人の口座を管理する方針です。お互いの金銭感覚に大きなずれがないことや、管理にずさんではないこと、特に隠したいこともないことから、おそらくこの方法でやっていけるだろうと考えています。

結婚3年目、今後見直す機会はたくさんあると思いますが、とりあえずこの方法でしばらくやってみます。

コメント