夫婦のお財布 分けないことのメリットとデメリット

ことライフ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
“こと”

いつでもどこでも楽しみながらできる仕事を考え中の30代主婦。遅れてきた“可愛くなりたいお年頃”。夫が大好き。現在第一子妊娠中。
いつか猫と暮らしたい猫アレルギー持ち。

“こと”をフォローする

既婚者のみなさま、お金の管理ってどうしていますか?そしてこれから結婚しようというみなさま、お財布の扱いについて特別な思いはありますか?

夫婦の形によってお金の管理方法は様々ですが、今日は我が家の管理方法とそのメリット・デメリットをお話しします。

スポンサーリンク

夫婦のお財布管理:一般的な方法

まずはよくある管理方法を3つほど考えてみましょう。

ここに挙げたのはあくまで一般的な事例で、おそらくこれらのパターンをそっくりそのままということは少ないはず。でも、これらのアレンジパターンやハイブリッドパターンになることが多いと思われます。

共同の口座を作って管理

毎月決まった額、または割合をお互いが一つの口座に振り込むパターンですね。共働き夫婦に多いイメージ。きちんと話し合って毎月の額を決めて振り込んでいれば、あとの収入はお互い自由に使えます。夫も妻も自由に使えるお金が確保されるので、不満が溜まりにくいのもメリットです。また、共同の口座で管理ができるため、お金の流れを把握するのにも優れているといえるでしょう。

項目ごとに分担

家賃は夫、日々の生活費は妻、のように、項目ごとに担当を決めるやり方です。これも共働き夫婦に多いイメージ。担当した項目の費用以外は自由になります。

デメリットとしては、お互いの貯蓄が分かりづらい、担当していない項目の出費について無関心になりがち、ということがよく挙げられます。

どちらかが一括管理

収入源が夫または妻のどちらかに偏ってる場合に多いパターン。一般的には旦那サマのことが多いでしょうか。収入を妻(or夫)に託し、夫(or妻)が毎月お小遣いをもらうのがこれですね。または夫(or妻)が生活費を妻(or夫)に渡すというのもここに含まれます。

特徴としては、どちらかが家計を一括で管理しているということ。お小遣いや生活費をもらうことで生活するため、もらう側は自由になるお金が制限される場合も多いでしょう。

我が家のお財布管理方法

以前別の記事でも少し触れましたが、まずは私たち夫婦の基本情報からお伝えします。

夫婦のお財布どうしてる?我が家の現状と贈与税について
夫婦間でも贈与税がかかる?ある出来事をきっかけに、夫婦でお金の流れを再検討しました。これまでの家計管理とこれからの家計管理について、我が家のケースをお話しします。

収入源

私たちの収入源はこんな感じです。

夫:会社員

私:大学非常勤講師

私の収入が安定しているわけじゃないので、半共働きという感じです。大学が長期休みに入ると仕事がなくなるため、私の収入は基本的にはゼロになります。(たまに単発の仕事をすることもあります)

お財布管理

そんな私たち。お財布は共同管理です。

アプリを使って、収入・支出ともに一緒に目を通しています。共同の口座にそれぞれ振り込むのではなく、共同の家計簿、というイメージが近いかもしれません。

このような管理方法で、結婚してからのおよそ3年間を過ごしています。

続いて、この方法のメリットとデメリットをお伝えします。

お財布を分けないメリット

まずはメリットから。

お金の動きが把握しやすい

すべての収入・支出をアプリに入力しているので、夫も私もお金の流れを把握することができます。どちらか片方が気を張って管理する必要もないですし、片方に任せっぱなしにもならないので、二人で足並み揃えて管理しようという意識を持つことができます。

使途不明金がない

使った分をお互いちゃんと申告(アプリに入力)していることが前提となりますが、“いつの間にか貯金が減っていた”なんていう事態になることがありません。収入も毎月入力してますし、アプリにはお金の使い道も入力できるので、「何に使ったか分からない」というお金が発生しづらくなっています。

無駄遣いが防げる

使ったらすべて入力することになり相手に見える状態になるので、自然と使いすぎに気をつけるようになります。人の目が入ることで無駄遣い抑止効果があるので、お小遣いを使いすぎてしまう人にもおすすめです。

お財布を分けないデメリット

メリットもありますが、やっぱりちょっとしたデメリットもあります。

お金を使うことに躊躇する

夫婦間で使い道が透明なので、私の性格もありますが、ちょっとした出費もしづらくなります。無駄遣い抑制効果と背中合わせですね。

サプライズには適さない

サプライズをするまではいいのですが、それにかかった金額が見えてしまいます。知られたくない場合には良い方法とは言えません。

デメリットの解決策

デメリットを2点あげました。ですが、この点は「お小遣い」という項目を設けることで解決できそうです。

今のところ我が家でお小遣い制度を導入する予定はありませんが、共同財布パターンを取り入れる予定のある方は、ちょっと工夫してみてくださいね。

コメント