私とブログのセブンルール

ことライフ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
“こと”

いつでもどこでも楽しみながらできる仕事を考え中の30代主婦。遅れてきた“可愛くなりたいお年頃”。夫が大好き。現在第一子妊娠中。
いつか猫と暮らしたい猫アレルギー持ち。

“こと”をフォローする

関西テレビ(カンテレ)で放送されている「セブンルール」という番組をご存知ですか?

セブンルール | 関西テレビ放送 カンテレ
俳優・青木崇高&芥川賞作家・本谷有希子が、レギュラー番組初挑戦!YOU、オードリー・若林、異色の4人でおくる新感覚ドキュメント『セブンルール』!“今最も見たい女性”の日々に密着、自身に課す“7つのルール”とは?

各方面で活躍している女性の7つのルールを紹介していくドキュメンタリーバラエティー番組で、毎週火曜日の夜11時から放送されています。

実は私がこの番組を知ったのもつい最近なんですが、このセブンルールという仕組みがスッキリしていて分かりやすかったので、私も「ことろぐライフ」との付き合い方の7つのルールを考えてみました!

スポンサーリンク

ルール1:H2タグから書き始める

書き始めるときはまずH2タグから考えています。必要なときにはH3以下も一緒に考えます。途中で変更したりもしますが、私の場合、最初に全体の構想や段取り、流れを考えてから書くと書きやすいのです。

最初にH2タグを書くことで自分の頭の中の整理もできますし、全体的なボリューム感のイメージもしやすくなります。

また、私はネタ帳のようなものを使っていないので、ブログのアイデアを書き留めるメモ帳としても活用しています。H2タグだけが入った下書きをいくつか用意しておくと、「今日は何を書こうかな?」じゃなくて「今日はどれを書こうかな?」になって、ブログの更新がちょっと億劫な日でも取り掛かりやすくなります。

ルール2:経験や体験を基に書く

このブログを始めた理由に直結する話ですが、そもそも私は自分の毎日を彩るためにブログを書いています。

「ことろぐライフ」について
「ことろぐライフ」を読んでくださる全ての方へ。「ことろぐライフ」の誕生秘話。こんな気持ちではじめました。

そのため調べただけの記事は書けませんし、このブログの趣旨に合いません。必然的に、私自身の経験・体験を書いていくことになります。

そしてこのことこそが、「ことろぐライフ」の“らしさ”になっていくと考えています。

ルール3:気になることは調べる

体験、経験をもとにしているので、あえて万人受けを狙うような記事は書きません。かといって体験談だけだと単なる感想文。それだけじゃ不十分なときもあります。

無難な記事ではなく、少数派でも必要としている人に必要な情報が届くことを考える。

せっかく来てもらった人に何の価値も提供できないでいるのは悲しいですよね。読んでみてよかった!と思ってもらえるように、下調べが必要なことはきちんと調べてから記事に盛り込むように心がけています。

ルール4:書きたいときに書く

ノルマにしない。気分が乗らないときは書かなくてもいい。

なぜなら強制されたら楽しさが霞んでしまうから。「毎日書かなきゃ」とか「月に◯本以上書かなきゃ」と思ってしまうと、私はきっと続きません。その代わり、書きたくなったらしっかり書く。

記事を書くことだけに執着せず、「これ書きたい!」と思えるような体験をしたり「これも記事になるかも!」という発見をしたり、そういった気持ちを見失わないように気をつけています。

ルール5:夫と励まし合う

ブログは夫との競争で始めました。このブログはGoogleアドセンスという広告を貼っているのですが、これの2年後の収益を競うというものです。要するに私にとってブログって、ゲーム感覚で始めたものなんです。

このゲームをする上で、夫はライバル。ライバルだけど、ブログ仲間です。仲間だから、助け合う、学び合う、伸ばし合う。

長く続けること自体、実はそんなに簡単ではないブログの世界。おかげさまでブロガー仲間さんもできましたが、毎日顔を合わせて励まし合える存在はとても貴重でかけがえのないものだと感じています。

ルール6:自分のために書く

ゲームとか収益とか言いましたが、私自身にとってメリットがなければ、ブログを書く理由がありません。

まずは自分のため。その気持ちがないと、これまたやっぱり続けられません。やりたくないデスクワークと同じになってしまいます。

じゃあ、私にとってブログを書くメリットっていったい何なのでしょう?

身の回りで起きたこと、気づいたこと、体験する喜びや新たな発見・・・。実は、それをブログという形で記録すること自体が私にとってはとんでもないメリットです。私は忘れっぽいので、出かけた先のことやそこで見たこと、聞いたことなど、その時は感動してもしばらくすると忘れがちでした。ブログを始める前までは一時の感動で終わってしまっていたものが、「あ、これブログに書こう!」と思うことで強く印象に残るようにもなりました。

さらにその出来事や経験をブログという形で発信することで、もしかしたらどこかの誰かのためになるかもしれない。こんなに嬉しいことがあるでしょうか。

メリットだらけです。

ルール7:楽しく続ける

ここまで書いているように、私にとってブログは一攫千金億万長者を狙うものではありません。細くても長く、ライフワークとして続けることが目標です。

「ことログライフ」を始めてまだ1ヶ月ちょっとですが、嬉しいことに今のところとても楽しく続けられています。「私の趣味はブログを書くことです!」と宣言するにはまだ日が浅い気もしますが、これからそうなっていくような予感がしています。

最後に

「セブンルール」の公式ページに“MY SEVEN RULES”を作成できるページがありました。サクッと5分ぐらいで作れるので、興味のある方は作ってみてはいかがでしょうか?

コメント